50代なら老後資金を見直そう

50代と老後資金

 

老後は病院などで色々物入りになります。また近年は消費税の増税や年金の減少になって本来立てていた老後の資金運用が違っていると言う方も少なくないと思われます。ここでは老後資金を見直そうと思っている方のために、どうすればいいのか説明したいと思います。

 

まず老後資金を見直そうと思った場合、生命保険をチェックするのが一番効果的です。生命保険の中には不要な保険に加入しているケースが多く、年収の高い人ほどそういう傾向が強いようです。

 

特に子供が大きくなって自立している場合などは教育費などの出費からも解放されているため保険のプランを変更してみるのもいいでしょう。

 

次に老後資金を見直そうと思っている場合、ローンのプランを見直すのもいいかもしれません。住宅ローンはただでさえ高額な利子がつくため余裕のあるときは繰り上げ返済をし、高齢期の出費を抑えるようにしましょう。

 

健やかでのびやかな老後を過ごすためにも老後資金の見直しをしましょう。

大事な老後資金を守るために

最近、ニュースを賑わす高齢者を対象とした投資詐欺。不景気から老後資金を見直そうと思っている方は特に注意が必要です。ここでは大事な老後資金を守るためにも投資詐欺の実態を説明したいと思います。

 

老後資金を見直そうと思った場合、まずは出費を減らし、次はどうにかして財産を増やそうと思います。しかし経済的な知識がない場合、ファンドのような投資信託にお金を預けますが、この際注意が必要なのが絶対儲かる儲け話なんて存在しないという点です。

 

ファンドでは集めた莫大な資産を使い手堅く儲けますが、人件費や設備投資に回している分どうしても手数料が発生します。多少の利益がでても手数料でマイナスになるケースも珍しくなく、経済的に考えるとそれが当然とも言えます。

 

しかし、老後資金を見直そうと思った場合、頭を悩ます問題から目を逸らしつい甘い言葉に乗ってしまいがちです。投資詐欺はこういう人をターゲットとしてお金を集めているため実績がなかったり、強引だったりする怪しい業者には注意しましょう。

 

老後資金は確かに不安がつきまといますが、投資はある程度の知識がないと運任せになってしまうため気を付けましょう。

関連情報

トップへ戻る