50代の女性の就職について

かなり厳しい50代女性の就職活動

 

50代の女性が就職をしたい場合、どんな仕事があるでしょうか。資格があれば、選択もさまざまあると思いますが、そうでない場合はなかなか難しいかもしれません。平均寿命が80代になった現在では50代もまだまだ働き盛りです。就職したい女性も多くいるはずです。

 

年金や不景気による収入減など、とても深刻な将来が予想されるからなおさらですね。少しでも働いて将来に備えたいというのは、とても現実的な問題です。

 

しかしいざ就職先を探すとなると、これがとても厳しい。ハローワークでは年齢不問としていながらも、実際は若い人を希望する雇用主は多いのです。もっと50代の女性にも門戸開放して可能性が欲しいですね。

 

50代は、まだまだ元気で吸収力もある。この年代だからこそ、できる仕事もあるはずで。そうして、積極的に雇用していくことが社会の活性化につながるのと思います。

 

現実的には就職が厳しくて若い世代も苦労している現在であるが、企業がまずはチャレンジしていろんな世代、50代の女性も積極的に雇用をして欲しいものです。

50代女性の就職活動

子育てもひと段落したので、働いて自立した生活を送りたい、自分の趣味に使うお金を自分で稼ぎたい。最近増えている熟年離婚で50代になって晴れて再出発、新しい生活を送るために就職先を探している女性など、様々な理由で就職先を探している50代の女性は多いのではないでしょうか。

 

最近の50代の方は、皆さん若々しく、元気で美しい方が多いですよね。しかし、就職先を探すとなると、子育てでしばらく仕事を離れていた方などは、経験や資格がないとなかなか希望の職種につくことが難しい場面もあるのではないでしょうか。

 

街中をよく観察をしてみると、飲食店のモスバーガーでは若者に混じって働いているシニアスタッフ、駐車場の案内をしている50代以上のスタッフ、管理会社で住み込みで働いている管理人には若い人はあまり見かけませんよね。

 

介護職のスタッフなども、大学を出たばかりの若いスタッフよりも、落ち着いた子育ての経験もあり、自分の娘ぐらいの50代女性ぐらいの年齢のスタッフのほうが、安心して心を開いてくれる場面もあるのではないでしょうか。

 

若い頃と同じような職種は求人に見つからなくても、50代女性にしかない接客スキルや落ち着いた物腰などを活かして、新しい就職先を探してみてくださいね。資格の取れる無料講座なども開かれているので、ハローワークをどんどん有効活用して就職先を探してましょう。


トップへ戻る