50代の女性の為の歯周病対策

50代の女性の為の歯周病対策

 

50代の女性は、若い頃に比べると唾液の分泌量も低下してくるので、歯周病などの歯の疾患に罹りやすくなります。歯周病に罹ると口臭が強くなってきたり、歯を磨いた時に出血がしやすくなったり、歯茎の腫れが見られるようになります。

 

早期発見、治療を受けることが大事なので、早めに歯科クリニックを受診することが大事です。歯科クリニックでは歯周ポケットの深さを測定したり、歯石や歯垢の除去を行ったり、ブラッシングの指導を受けられます。

 

50代に入ると歯周病が悪化してきて、歯がグラグラしてきたり、最終的には大切な歯を抜かなければならなくなります。歯周病の進行を遅らせるために、自宅で丁寧な歯磨きを心掛けたり、3か月に一度は歯科クリニックを受診して、定期検診を受けることが大事です。

 

信頼できる評判の高い歯科クリニックを選ぶと、最適な治療法を提案してくれるので、アドバイスを受けて下さい。歯周病は大切な歯を失ってしまう原因になるだけでなく、心臓病や脳梗塞などの生活習慣病に罹るリスクも高まるので、放置をしてはいけません。

 

朝起きた時に歯がねばついたり、口臭が強くなる人は、歯周病の可能性が高いので、まずは歯科医師に相談して下さい。


トップへ戻る