50代女性の平均体脂肪率はいくら?

50代女性の平均体脂肪率はいくら?

 

心も身体も若々しい50代女性が増えていますが、やはり健康のことは気になりますよね。できるだけ長く、心と身体の両方が若々しいままで過ごすためにも、健康に気を付けることはとても大事なことだといえます。50代女性の健康を左右するものといえば、「体脂肪率」もその1つです。

 

体脂肪率というのは、その名の通り、体内で脂肪が占めている割合のことで、結構気にしている方も多いのではないでしょうか。50代女性の体脂肪率の平均は、大体22〜35%の間とされています。つまり、平均の上限である35%を超えると、残念ながら「肥満」ということになります。

 

ただ、痩せているように見える人でも、筋肉量が少なければ平均を超える場合もありますし、太っているように見える人でも、筋肉量が多ければ平均である場合もあるので、一概にはいえません。体脂肪率は、体脂肪計で簡単に計測することができます。

 

体型にとらわれずに体脂肪率を計って、もし平均を上回った場合は、脂肪を減らす工夫をしましょう。また、逆に平均を下回っても良くないので、この場合は脂肪を少しでも増やすように工夫する必要があります

体脂肪率を50代女性平均に下げる際の注意

健康に対する関心が高い50代女性も多いと思うのですが、「体脂肪率」の管理も大切ですよね。体脂肪率は健康を左右するものですから、50代女性の場合は「気にしない」で済むものではありません。

 

実は体脂肪率というのは、必ずしも体型とイコールになるものではありません。太って見える人でも平均より低い場合もありますし、痩せて見える人でも逆に平均より高い場合もあります。ですから、体脂肪を減らすためには、「除脂肪体重」というのを把握する必要があります。

 

除脂肪体重というのは、体重から体脂肪を引いた体重のことです。つまり、内臓・骨・筋肉の重さを表したもののことです。そのため、体脂肪率というのは、太って見える人でも除脂肪体重が多ければ低いですし、痩せて見える人でも除脂肪体重が少なければ高くなります。

 

50代女性で体脂肪率が高い人は、脂肪のみを落とすようにしなければ、健康を害する可能性があります。やはり、平均値が一番健康的なので、平均値まで落とすためには、低脂肪・低カロリーの食事を心がけましょう。また、食べすぎに注意したり、有酸素運動に取り組んだりすることも有効です。



トップへ戻る