50代女性の体臭対策

貴女は大丈夫?50代女性の体臭

 

傍目から見ると、「まだまだ現役」「元気が良い」といった感じに見える50代女性ですが、50代女性ならではの悩みをそれぞれ抱えているものだと思います。50代女性が悩まされやすい事柄の1つとして挙げられるのが、「体臭」の問題です。

 

「体臭」という言葉を聞くと、どちらかというと女性より男性との関わりが強いと感じる方が多いと思うのですが、女性ホルモンの分泌量が低下する「更年期障害」の症状の1つとして、体臭に悩まされる女性も多いのです。

 

というのも、女性ホルモンが身体の不快なニオイを抑制する働きがあるため、分泌量が低下すればもちろん、不快なニオイも顕著に現れてきてしまうわけです。「年を取ったんだから仕方がない」といえばそれまでですが、体臭は人間関係にも影響する恐れのある厄介なものですから、対策を行う必要があります。

 

毎日きちんとお風呂に入り、身体をキレイに洗うようにすることはもちろんのこと、加齢臭対策に効果的なボディーシャンプー・石鹸・スプレーなどがたくさん売られていますから、そういったものを積極的に取り入れて対策を行いましょう。

50代女性の体臭は更年期障害が原因

最近の50代女性の皆さんは、本当に若々しくて、とても50代とは思えないような方が非常に多いです。ところが、身体の老化は確実に進んでいるため、身体のあちこちに、年齢特有の悩みが現れてくるのも事実です。

 

50代女性の皆さんが悩んでいることの1つとして挙げられるのが、「体臭」の悩みです。デリケートな問題ですから、体臭のことを周りの方と話をする機会はあまりないと思うので、「私だけ?」と思いこんでしまっている方も多いかもしれませんが、その気になるニオイは、「更年期障害」が原因である可能性があります。

 

つまり、50代女性であれば誰もが体臭に悩まされる可能性があり、周りの50代女性もひそかに悩んでいるかもしれないのです。更年期障害というのは、女性ホルモンの分泌量が低下することによって起こります。

 

この女性ホルモンは、体臭を抑制する働きもしているため、女性ホルモンの分泌量が多い時期はそれほど気になりません。ところが、加齢によって女性ホルモンの分泌量が低下すると当然、抑制は困難になり、体臭が気になるようになってくるのです。



トップへ戻る