病気と死に関して向き合う

50代を迎え病気と死に向き合う

 

年を取ると病気が日常的なものになり、死が身近なものと感じますよね。特に40代を越え、50代を迎えた方は若い頃のように無理が利かず、老いを感じ始めていると思われます。

 

ここでは病気と死に関して向き合う覚悟とは何なのか説明したいと思います。病気と死に関して向き合う覚悟、それは想像することです。
病気になる、死を迎える、確かに辛い事です。

 

そこで終わってしまうと思うと怖くて辛くて、とても直視できません。人間は本能的に生存する働きがあるため死を直視するとどうしてもストレスを感じ、無意識に目を逸らそうとします。

 

しかし、想像してみるといいでしょう。自分が死んでも世界は続き、自分の家族や友人たちは自分が死んだ分も生きていきます。病気や死は恐ろしくて辛いものですが自分一人で完結するのではなく、周囲の人間は変わらず生き続けていきます。

 

病気と死に関して向き合う覚悟は、自分が死んだあと周囲の人がどうなっていくのかを想像したら自然と身についてきます。大事に思っている方のために自分が何を残せるのか、それを考えて病気と死に関して向き合ってみては如何でしょう?

ポジティブに向き合う

中高年、病気と死を考える

 

生きていればいずれは老いが訪れ、死を迎えます。これは生物である以上避けられぬ道理であり、老いを感じている人は次第に自分の病気と死に関して向き合う必要が出てきます。

 

病気や死は恐ろしいもので自分の体が全く動かせない状態で生かされるような状況に陥る可能性もあるのです。そのような状態にならないためにも病気と死に関して向き合うための方法をここでは紹介したいと思います。

 

上記のように病に冒されれば体は次第に動かせなくなり、最後は死ぬこともできない状況で何年も生かされるだけの状態になりかねません。

 

それは大変恐ろしく、辛いものだと思いませんか?長生きは確かに尊ぶべきことかもしれませんが最後の生き方、死に方くらい自分で決めたいと思いますよね。

 

このように病気と死に関して向き合う事をネガティブなものからポジティブなものに見方を変えてみましょう。人生最後のピリオドくらい自分でしたいものです、人間は生まれ方を選択することはできませんが、死に関しては多くの選択肢を持っています。

 

人生最後の我が儘になるのですから自分の希望を思いっきり詰め込み、人生の最期をどう過ごしたいのか周囲に希望を伝えておくのもいいでしょう。



トップへ戻る