50肩はどうすれば治るのか?

要注意!女性のツライ50肩

女性の50肩はどうすれば治るのか?

要注意!女性のツライ50肩

 

昔の50代女性と今の50代女性を比較してみると、今のほうがかなり若く、そして健康的に見えるものです。これは、現代の50代女性の皆さんが、健康や美容のことを気にかけながら生活している、まさに「努力の賜物」といえると思います。

 

ところが、いくら健康や美容のことを気にかけていたとしても、老化は確実に進んでいます。そのため、年齢特有の悩みが出てくる可能性は十分にあります。

 

50代女性が罹りやすい健康問題といえば、「50肩」もその1つです。50肩は、肩から腕にかけて痛みが出たり、動かしにくくなったりといった症状が出る病気です。

 

そのため、日常生活の何気ない動作にも支障を来たすので、普通の生活も成り立たなくなってしまいます。ではもし、50代女性が50肩になってしまった場合、治るのかどうかということが気になりますよね。

 

実は50肩というのは、半年から1年ほどで自然に治ってしまいます。ですが、運動障害が残ってしまう可能性もあるので、念のため医療機関を受診することをオススメします。

50肩になるとどんな症状が出るの?

最近は、美容や健康に対する関心が高まっていることもあって、実年齢よりも若く見える50代女性が多いですよね。女優やモデルのお仕事をされている方はもちろんなのですが、一般の方でも実年齢より若く見える50代女性は非常に多いです

 

とはいえ、残念ながら少しずつ身体に良くない変化が現れ始めるのも事実です。50代女性が悩まされやすい身体の変化、例えば「50肩」がそうです。50肩というのは、別名「40肩」ともいいますが、40代後半から60代にかけて発症する病気のことです。50代で症状のピークを迎えるため、多くの50代女性を悩ませている存在です。

 

50肩の症状は「痛み」と「運動障害」と、大きく2つに分けることができます。具体的には、「肩を動かすと痛い」 「腕を後ろに回すと痛い」 「肩が上がらなくなる」といった症状が、徐々に現れる場合と突然現れる場合とがあります。
そのため、着替えをしたり、髪の毛を洗ったりといった、肩から腕にかけてを動かさなければならないような日常生活の動作に支障が出ます。



トップへ戻る