円形脱毛症の更年期の女性の原因とは

更年期の女性と円形脱毛症の関係は

円形脱毛症の更年期の女性の原因とは

更年期の女性と円形脱毛症の関係は

 

そもそも女性の薄毛は男性のそれとは少々趣が違います。なんでも頭髪全体が均等に薄くなっていくんだそうです。ただ女性にも円形脱毛症があります。円形脱毛症の特徴は髪がごっそり抜けることです。ちなみに円形脱毛症の治療には保険が適用されるので安心してください。

 

円形脱毛症の原因は自己免疫疾患です。とはいうものの、ストレスやアレルギー疾患がきっかけで発症するのです。そもそも、女性は髪が長い人が多いです。なので手遅れになるまで気がつかないというわけです。

 

大体、髪の悩みは一人では解決できないものです。気づいたらすぐに皮膚科や毛髪専門医師に相談するべきでしょう。更年期障害の症状の一つとして円形脱毛症があげられます。といっても実際は閉経によるイライラや食欲不振で髪が抜けるからです。

 

抜け毛が増えるところで円形脱毛症になってしまうのでしょう。結局ホルモンのバランスが狂うのが原因です。それにコラーゲンの減少が関係してます。大体、頭髪は皮膚から生えているからです。頭皮の環境を考えるのも大切なことです。

 

とはいうものの更年期になるとこの頭皮のコラーゲン層の代謝に必要な某女性ホルモンが不足してきます。このホルモンが不足して頭皮のコラーゲンが破壊されていきます。コラーゲンが破壊されたら髪がごっそり抜けていくわけです。そうならないための対処法があります。

 

結局のところ、某女性ホルモンを増やす大豆イソフラボンやプラセンタなどを摂取する方法です。他にもやはりストレス解消でしょう。何事にも健全な生活を送るのも大切な対処法の一つです。大体、更年期になると女性は何故か、情緒不安定になる人が増えるのです。で、情緒不安定になると髪が抜けることもあるわけです。

 

髪が抜けることで円形脱毛症につながっていくのでしょう。しかし、大抵の女性は見た目を気にするものです。なので、なるたけ早期に円形脱毛症をを対処すべきです。ともかく、日常生活における対処法は頭皮マッサージや栄養バランスの良い食事です。頭皮マッサージで頭皮の血行をよくすることです。そもそも、髪の毛を抜けないようにするべきですから。

 

栄養バランスの良い食事も健康な頭皮を作るために必要です。ただ、円形脱毛症は再発します。でも、ストレスが解消されると自然治癒する場合があります。正直、更年期と円形脱毛症は考えてみたら密接な関係はなさそうです。結局、どちらも精神的な不安定になるものつながりなのかもしれません。

円形脱毛症に苦しむ更年期の女性達

40代半ばから50代半ばのころを更年期と呼び、その時期に起こるさまざまな体の不調を更年期障害といいます。男女ともに症状があらわれますが、閉経を迎えホルモンのバランスが崩れやすい女性に多くみられます。

 

更年期障害の症状として、髪の悩みを訴える人もいます。毛の毛根は皮膚のコラーゲン層から生えており、このコラーゲン層より栄養をもらっています。ですからコラーゲン層の健康が髪の毛の健康に影響を与えています。

 

コラーゲンの生成は女性ホルモンであるエストロゲンと密接な関係があり、エストロゲンが不足するとコラーゲンの質に影響がでます。更年期はエストロゲンが減少するため、コラーゲン生成に影響が出て、髪の悩みが増えるのです。

 

このようなことが原因で、更年期によるコラーゲン生成の乱れは部分的にあらわれることが多く、円形脱毛症やつむじ部分の薄毛となってしまいます。

 

改善方法としては、女性ホルモンと似た働き、増やす働きのある大豆イソフラボンやプラセンタなどを積極的に摂取したり、規則正しい生活や食生活の改善など生活習慣を見直すのがよいといわれています。円形脱毛症などの髪の悩みを早期改善へ導きます。


トップへ戻る