心配せずに50代の女性は更年期障害と向き合って

心配せずに50代の女性は更年期と向き合って

 

重度の更年期障害ですと、女性にとってはとても辛い50代を過ごす事になります。自分自身は医者には掛からずに家族の理解を得られるように夫と話し合いを幾度となく致しました。

 

もし家族に話を聞いてくれる相手がいない場合は、友人知人に反してみる事が大事です。段階を経ても更年期障害が軽減されなければ、専門家に診察していただく必要があります。

 

50代の女性は、これまでの人生を、夫の定年退職を前にして、あれこれと振り返ります。やり直しの効かない人生だと分かっていても、愚痴を言ったりしてしまいます。また、傍から見ているとなんでもないことに腹を立てる場面が多くなります。

 

其れすらも、又後悔する材料になるのです。要するに堂々巡りが始まり、何時までたっても気分が晴れずに闇の中に放たれたようになっていきます。出口を塞いでいるのです。ですけれど、その出口は自分で探すしかないと気が付けば、50代の女性の更年期障害は何もなかったかのように、自然治癒しています。

 

何を悩んだいてのかと不思議になるぐらいです。苦しい時期もしっかりと生きる覚悟をしてください。必ず良くなるのが更年期障害です。

更年期を迎える50代女性の体の悩みとは

女性は大きく分けて4つの段階にステージが分けられ、50代になると閉経を伴う更年期というステージに突入します。更年期と言えば更年期障害がよく知られていますが、慢性的に体調不良が継続するという漠然としたイメージが持たれているだけで、具体的な症状は知られていないのが実情です。

 

その理由は一言で50代の更年期を迎えた女性とは言っても体の悩みは個人差が大きく精神神経系をはじめ血管運動神経系や皮膚分泌系、消化器官系や運動系、泌尿器生殖器系に分類され各々で症状が異なるためです。

 

中でも比較的患者数が多いのは精神神経系と血管運動神経系であり、精神神経系では慢性的な頭痛や目眩、耳鳴りや不安感を訴える方が多いです。

 

一方血管運動神経系は常に頭がのぼせた感覚になったり身体が火照った様子に感じられ、動機と息切れが激しくなってしまう事もあります。また、肩こりも50代の更年期を迎えている女性から多く聞かれる体の悩みなので、何気ない肩こりが実は更年期障害が要因である可能性が高いです。

更年期障害と上手に付き合おう

更年期障害とはどのようなものかご存知でしょうか。卵巣機能の低下により、女性ホルモンが減少し、自律神経が乱れて起きる症状です。閉経の準備が始まる40代〜50代の女性に多く見られます。

 

更年期障害の主な症状としては、体のほてりや、イライラや不安などの情緒不安定、動悸息切れなどがあります。では、こういった更年期障害の症状が出てしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

 

症状が軽い場合は、食生活の見直しと、ストレス解消などで症状が緩和することがあります。具体的には、大豆を多くとったり、フルーツを多くとったりなどですね。

 

大豆やフルーツには、女性ホルモンであるエストロゲンと同じように作用する成分が含まれています。ですから、これらの食べ物は積極的にとっていきたいところです。更年期障害はただの病気ではありません。

 

50代を迎え、これからのまだまだ長い人生を生きるための、体の準備期間、そして転換期なのです。50代として前向きに変わろうとしているご自身の大切な体と、上手に付き合ってあげてください。

50代女性タレントを襲う更年期障害

50代女性の多くが悩まされるのが更年期障害です。更年期は30代後半から50代にかけて、誰にでも訪れるものですが、それが障害として現れるかどうかは人によって違います。

 

何の症状もなく閉経を迎える50代女性もいますが、めまいや発汗などの症状が出て、日常生活に支障をきたすほどの人もいます。50代女性タレントの中にも、自分の更年期障害を告白している人がたくさんいます。

 

木の実ナナさんは症状がとても重く、うつ状態になってしまったそうです。男性ですが渡辺正行さんも50歳の頃に、更年期によるうつ症状が出たとテレビで告白しました。タレントの場合は特に、テレビで明るく元気に振る舞わなくてはいけないので、仕事にも支障が出てしまいます。

 

もちろん、タレントでなくても更年期障害の症状が重く出ると様々な部分に支障が出てしまいますから、50代になる前から生活習慣や食生活に気を配り、更年期障害を乗り越える準備を始めるといいでしょう。



トップへ戻る