次亜塩素酸が持つ効果を掘り下げてみた

次亜塩素酸が持つ効果

 

あなたは次亜塩素酸と聞き1番先に何を思い浮かべましたか?

 

そうですよね。

 

今あなたが思っている通り、「次亜塩素酸って何?」と思うのはあなただけでは有りません。

 

実は次亜塩素酸の後に何かが付けばもしかして?と思うかもしれません。

 

次亜塩素酸ナトリウムはどうでしょうか?そうです。実は次亜塩素酸ナトリウムは水道水に微量含まれていると言われます。

 

目的は水道水の消毒のためです。それでは、次亜塩素酸の効果について更に詳しく説明していきます。

次亜塩素酸含の効果を利用している市販の商品とは

次亜塩素酸含の効果を利用している市販の商品

 

一般家庭に流通しているのは、現在ほとんどの市販の除菌スプレーは300mlで400円前後で購入出来ます。

 

この除菌スプレーに次亜塩素酸は含まれています。

 

簡単に手に入る次亜塩素酸の除菌スプレーですが、現在ではそれだけ簡単に除菌することが可能になったと言えます。

次亜塩素酸の効果で出来ること

次亜塩素酸の効果で出来ること

 

次亜塩素酸の効果はコロナウイルス感染症などの感染症ウイルスを減らすのに良く効きます。

 

流行した時は消毒方法となります。また、感染症の家庭内での対策や予防に使われることが有ります。

 

その他にコロナウイルス用次亜塩素酸などの強力なウイルスを予防出来ます。これは、次亜塩素酸の効果を利用した消毒方法として挙げられます。

市販の次亜塩素酸の効果がある除菌消毒スプレーが出来ること

市販の次亜塩素酸の効果がある除菌消毒スプレー

 

あなたは除菌消臭スプレーはどこまで効果があるのか気になりませんか?

 

ではこの市販の除菌消毒スプレーのみであなたはウイルスを死滅させることが可能だと思いますか?

 

実は、市販の除菌消臭スプレーでは、菌を減らして、清浄度を高めるという役割までとなります。

 

細菌やウイルスを死滅させるには、滅菌や殺菌が必要です。菌を減らす量の多さの準備は滅菌⇒殺菌⇒除菌となります。

 

あなたはこれを見ると除菌スプレーの効果は薄い気がしますよね?

 

実は「滅菌」は医療機関で医療器具などを消毒する際に使う医療用語です。「殺菌」は医療品や医薬部外品にのみ使用できる表現です。

 

現在では除菌のみが洗剤・石けん・スプレーになどの商品に使用されています。

次亜塩素酸の効果で除菌と医療用語の滅菌、殺菌の違いとは

次亜塩素酸の効果で除菌と医療用語の滅菌、殺菌の違いとは

 

次亜塩素酸は一般家庭で使える除菌の効果を使い、菌を減らすことが出来ます。

 

除菌というのは元々ウイルスが有る状態を次亜塩素酸で減らすのが除菌です。医療機関では医療機具は全て滅菌(めっきん)された状態です。

 

現在、医療機関ではほとんどが医療機具は滅菌されたディスポ(使い捨て)が主流です。滅菌(めっきん)や殺菌という言葉は医療用語です。

 

菌が0(無菌)の状態を滅菌(めっきん)といいます。無菌(むきん)では無い状態を消毒専用の薬剤や煮沸で殺菌(さっきん)すると滅菌することが出来ます。

 

医療機関では滅菌された医療器具で医療行為が行われています。これが医療用語で「清潔」と言います。(例えば無菌室などです)

次亜塩素酸が持つ効果のまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

次亜塩素酸の効果で、日常生活で流行してしまい易い例えばコロナウイルスに対して次亜塩素酸は効果は発揮してあなたが生活を送る時に害があるウイルスを減らす効果が有ります。

 

ですが、日常生活では菌が0になる状態は医療機器以外では作ることは難しいことです。何かしら常に菌は有ります。ですが日常生活で良くある菌の多くは悪さはしないので安心してください。

 

例えば、流行するインフルエンザやコロナウイルスなどの原因菌の除菌に、次亜塩素酸の効果で菌を減らすことが出来るのです。

次亜塩素酸 関連サービス

次亜塩素酸のコロナウイルスへの効果と有用性まとめ 関連記事(外部リンク)

人気ショッピング