次亜塩素酸の毒性と安全性を比較検証

次亜塩素酸の毒性と安全性を比較検証

 

あなたは次亜塩素酸の毒性や安全性を理解していますか?

 

今あなたが思うように「詳しくはわからない。」と答えるのはあなただけではないんです。

 

実は安く手に入り便利な次亜塩素酸ですが、次亜塩素酸ナトリウム液は、塩素系漂白剤等を希釈して作ります。

 

使い方を間違えてしまうと皮膚への刺激が強いので気をつけて使います。

 

また酸性と混ぜてしまうと毒性のあるガスが出ることがあります。

 

今回は市販で手に入る次亜塩素酸を安心して使えるように毒性と安全性を比較検証していきます。

次亜塩素酸を毒性なく安全性に重点を置いた使い方

次亜塩素酸を毒性なく安全性に重点を置いた使い方

 

あなたはドラッグストアなどで例えば「次亜塩素酸ナトリウム1 2%500g 1,470円」など見かけることが有るかと思います。

 

実は次亜塩素酸ナトリウムは塩素系の消毒剤の一種です。漂白の効果も有りますが、有名なのは、コロナウイルス、ノロウイルス、インフルエンザウイルス、サルモネラ菌、大腸菌などに有効です。

 

「それは知っているけど使い方がいまいち。」と思っているあなた。次亜塩素酸ナトリウムの使い方について説明していきます。

 

消毒する場合は0、1%(1000ppm)や0、02%(200ppm)などに希釈して使います。

 

毒性としてあげるとすれば、酸性の洗剤と混ぜて使うと有毒ガスが発生します。このような危険性が有りますので注意して使う必要があるのです。

次亜塩素酸の毒性と安全性を考え用途に合わせた使い方

次亜塩素酸ナトリウムは用途に合わせた使い方をしていきます。

 

コロナウイルス、ノロウイルスなどで便や嘔吐物が付着した床やおむつの消毒は0,1%(1000ppm)

 

衣服、便座、浴槽、手すりなどは0,02%(200ppm)となります。

毒性なく安全性が高くなる次亜塩素酸ナトリウムの計算式は?

毒性なく安全性が高くなる次亜塩素酸ナトリウムの計算式は?

 

市販で購入出来る次亜塩素酸ナトリウムは上記に記載しましたように

 

次亜塩素酸ナトリウム 1 2% という風に有効塩素濃度は1%、5%、12%の種類が有りますので以下の計算式を使い必要な次亜塩素酸ナトリウム量を導き出し安全性を確認することが必要です。

 

計算式

 

必要な次亜塩素酸ナトリウムの量

 

=作りたい消毒液の量??(作りたい消毒液の濃度÷原液の濃度)となります。

 

例えば

 

有効塩素濃度が5%と表示されている次亜塩素酸ナトリウムを使い、0,1%の濃度の消毒液を1,000ml作りたい場合は

 

1000ml×(0,1%÷5%)

 

=1000×(0,001÷0,05)

 

=20mlとなります。

次亜塩素酸の毒性なく安全性に使用するための注意点

次亜塩素酸の毒性なく安全性に使用するための注意点

 

希釈する水は水道水などの不純物がない水のみ使用します。

 

汚染水を利用することはしないようにしましょう。

 

@『混ぜるな危険』と表示されている液体は必ず守って混ぜて使わないように気をつけます。

 

例えば、トイレ用洗剤などによくある表示です。

 

 

A次亜塩素酸ナトリウムの原液は皮膚に強い刺激が有ります。『直接手で触れない』ように気を付けて取り扱っていきます。

 

希釈する際は、換気を良くしてゴム手袋、ゴム長靴、マスク、メガネを使って行います。

次亜塩素酸の毒性なく安全性が高い製品

あなたは不安に感じた時は既に希釈されている商品が市販されています。

 

例えば、コロナウイルス用次亜塩素酸などです。

次亜塩素酸の毒性と安全性のまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

あなたの身の周りで急に必要になった場合、正しく使い方を理解して使えば有毒ガスが発生することはありません。

 

次亜塩素酸は手に入り易いですが安全性を念頭において取り扱っていくことが重要になってきます。

次亜塩素酸 関連サービス

次亜塩素酸のコロナウイルスへの効果と有用性まとめ 関連記事(外部リンク)

人気ショッピング