相続対策は50代の今から少しづつ始めよう

準備が大切な50代女性の為の相続対策

相続対策は50代の今から少しづつ始めよう

準備が大切な50代女性の為の相続対策

 

自分の年齢を考えて、これからの人生について予定を変更する人もいるかもしれません。人生は何があるか分からないため、自分の思い通りにいくことは少ないでしょう。たとえ自分の思い通りにならなくても、自分の人生について計画をたてている人は多いかもしれません。急な出来事で困らないためにも、人生設計には余裕があった方がいいです。

 

まだ人生設計について考えていないなら、早めに考えるようにしてください。50代というと比較的若い年齢なので、健康的で元気な人は多いでしょう。元気だからまだ将来のことを考える必要はないと思う人は少なくないです。今元気でも、急に体調を崩すこともあるため、今から相続対策を考えるといいでしょう。

 

まだ50代だから必要ないのではなく、元気な50代のときにしておく必要があります。相続対策にはエネルギーが必要なため、体力がある元気なときに行う方がいいかもしれません。まだまだ元気だからと考えるのではなく、今から始めるようにしてください。健康や元気は急に失うことがあります。

 

将来のことも考えて、元気があるときから将来に備えておきましょう。余裕がある50代から相続対策を始めた方が、余裕を持って行えるためトラブルが起きないことが多いです。

 

慌ててするよりも時間をかけて丁寧に行った方がいいため、まだ早いと思わずに行動してください。心も身体も元気なときに相続対策を行う方が、負担も少なくていいかもしれません。

相続対策は50代からの事前準備が大切

相続対策は早く取り掛かるに越したことはありません。せめて50代のうちには始めるべきです。相続対策は主に3つの方法があげられます。まず、遺産分割対策です。遺言書を書くことにより、残された相続人の間に深刻な争いが生じないようにするためとても有効です。

 

次に節税対策です。1年間で110万円までの基礎控除を活用した贈与は長期的に行うことで大きな節税対策になります。また、配偶者控除の活用も節税になります。これは、居住者不動産を取得するための金銭を配偶者間で贈与する場合には、2000万円までは贈与がかかりません。

 

これは婚姻期間が20年以上の必要があります。そして納税対策です。アパートなどの収益を生む財産を子供に贈与する金融資産の計画的贈与、生命保険の活用、不動産の財産の物納の準備などです。

 

以上のようなことから、相続対策は期間をかけて少しずつ財産を移行していくことが必要なので、50台のうちから事前準備をしていくことが好ましいと言えます。