50代女性の多くが体験するのが介護

50代女性の立場で介護を考える

 

50代女性の多くが体験するのが介護です。私たちが年齢を重ねるのと同時に、両親も等しく歳をとります。いざその時が来た時、どうしたら良いのでしょうか。

 

介護はつらいものだと言います。肉体的にも精神的にも負担が大きいんです。ですが自分を育て愛してくれた両親です。出来れば穏やかな気持ちで介護をしたいですよね。

 

介護と上手に付き合っていくには、コツがあります。社会の福祉制度を上手に使って、介護生活に余裕を持たせることです。基本は自分でやるとしても、全てを抱え込んでしまうととても大変です。ですのでデイケアなどを利用して介護をする側も休める時間を必ず作りましょう。

 

相手が両親でも、全てを1人でやるとなると疲れてしまいます。これはどんなに家族として愛していても起きてしまうネガティブです。50代女性の悩みの多くは、介護にまつわることです。

 

また、50代女性が介護をする際、旦那がまだ勤めている場合孤立しがちです。疲れてしまった自分を責めずに、休める時間を作り休息をとりましょう。誰かに頼ることは、悪いことではないんですよ。

デイケア、デイサービスを利用しよう

中高年の介護

 

50代女性が介護を始めた時に陥りがちなミスが、1人で全てを背負い込むことです。世の中は男女平等であるという考えがある程度普及していますが、それでも介護に関しては女性、嫁がするもの、という風潮が根付いてしまっています。

 

しかも、男性側がまだ現役でお勤めしている場合、どうしても50代女性側にのみ介護の負担が圧し掛かってしまいます。そんな時に利用したいのがデイサービス、デイケアなどの福祉制度です。

 

デイサービスとは、入浴、食事などの介護を主に行うサービスです。デイケアとは、これらのサービスにプラスして、リハビリ関連のサービスにも手を広げたものです。申し込みをしたい場合、まずは地区の地域包括支援センターに行って下さい。

 

市役所の中にあったりしますが、市町村などのホームページで調べるとその地区ごとの福祉関連の情報が手に入ると思います。申し込みは基本的にケアマネージャーさんが担当してくれます。

 

福祉や介護などの相談も受け付けてくれるサービスが地区にあるはずなので、遠慮せずに頼りましょう。介護は、いくらある程度人生経験があるとはいえ50代女性でも完璧に出来るものではないです。1人で頑張る必要はありません。

悩んだってイライラしたって良いんです

50代の女性に立ちはだかる壁といえば、介護です。ご自分の両親や、旦那側の両親の中には介護が必要になった方も出てくるでしょう。それまで恐らくやったこともない介護を、50代女性はいきなり任せられることも多いです。

 

いくら経験豊富な50代女性といえども、介護をいきなり完璧にやるのは無理でしょう。プロでも完璧な介護は出来ない、と言います。介護をする必要が出てきた場合、変に肩肘をはらずに取り組むことが大事です。周りや、社会の福祉制度を大いに利用しましょう。大丈夫です、皆そうやって支えあいながら介護をしています。

 

介護を始めて陥った悩みは、お金のこと、痴呆症の症状の日ごとの差に戸惑うということ、下の世話、親戚や義理の親からの理不尽な言葉など、多くの方がこれらの悩みにぶつかっているようです。どれも1人では解決が難しい悩みばかりです。

 

悩んでしまったり、イライラしてしまったりする自分に嫌悪しまた悩む方もいるようですが、何も悪くないのです。皆同じだということ、相談窓口などに助けを求めても良いということをどうか忘れないでください。

親の介護を考えておかなければならない50代

親の介護を考え始めなければならない年代が50代です。親の体が変調をきたすのは突然であることが多く、何も準備をしていないと、その時になってあわててしまうことになります。親の面倒を見る場合に必要となるのは介護保険に対する知識と手続きの方法です。

 

年老いた親の面倒を核家族化により少人数となった家族だけで行うには無理があります。だれの協力も受けずに介護を行おうとすると、家族にかなりの負担がかかります。一人か二人で親の介護をしなければならないことも多く、問題を抱え込んでしまっては大変です。

 

現代は介護保険制度が充実しており、利用することで家族の負担が軽減されます。保険の適用を受けるためには要介護認定の適用を受ける必要があります。申請は市区町村の窓口で簡単に出来ますが、認定の度合いに応じて、受けることができるサービスや料金が異なります。

 

親が丈夫なうちは、そのような制度とは無関係に過ごしてしまい、申請が後れてしまうこともあります。急の申請は負担が大きく、サービスが間に合わない場合もあります。障害の程度が軽い段階から申し込みをし、制度との関わりを持っておくことが大切です。

 

介護保険のサービスを利用することにより、手すりの取り付けやバリアフリーへの工事費や、ポータブルトイレなどの購入も安くなります。訪問看護では看護師さん自宅まで来てくれ、家事のヘルパーを依頼することも出来ます。デイケアやショートステイなどの自宅以外で行われるサービスも利用できます。


トップへ戻る