50代女性の幸せな生活環境とは?まずは住まいと生活基盤を整えましょう

50代女性の幸せな生活環境とは?まずは住まいと生活基盤を整えましょう

 

人生100年時代と言われる昨今では、50代は第二の人生のスタート時期であるという表現もされますよね。

 

女性にとっての50代といえば、子育てがひと段落して心と時間にゆとりが持てるようになる時期でもあります。

 

第二の人生をよりよく生きるために、今後の生活環境について考えてみませんか?

50代女性にとっての理想の生活環境とは?

50代女性にとっての理想の生活環境とは?

 

1.50代女性の理想環境は千差万別

 

幸せな第二の人生を歩むには、幸せだと思える生活環境を整えることが必要不可欠。

 

ただ、どんな生活環境が理想であるかは、価値観や好み、それぞれのライフスタイルによっても違ってくることでしょう。

 

 

2.10年後や20年後を見据えた環境づくりを

 

適度に家事をこなして自分の趣味に生きるスローライフが理想という方もいれば、バリバリと働いてもう一度社会に貢献することを幸せと感じる方もいると思います。

 

どんな形であれ、自分が幸せと思える生活環境であることが大前提ですが、何事にも共通しているのは「10年後、20年後を見据えた環境づくりを心がけること」です。

 

年を重ねるということは、楽しいことばかりではなく、老いと向き合うことでもあります。

 

光の部分を見つめるのと同時に、影の部分にも目を向ける必要があることを忘れてはいけません。

50代の女性であれば考えておきたい「今後の住まい」

50代の女性であれば考えておきたい「今後の住まい」

 

50代以降の生活環境について考える際にまず取り組んでいただきたいのが、今後年を重ねていく上での住まいについてです。

 

50代以降になり、子供が結婚し孫ができる頃になると、自分の身の振り方を考えなければいけない時が10年以内に必ずやってきます。

 

今はまだ大丈夫…と思っていておられるかもしれませんが、少しずつ準備を整えておくに越したことはありません。

 

 

1.子供と同居を希望しない人が増えつつある

 

一昔前で言えば、親は子と同居するのが当たり前でした。しかし、近年では核家族化が進んだは背景もあり、親と子が同居をしないケースが増えてきています。

 

お互いが気を使ってストレスになるため、あえてある程度距離を置くという方も多いようです。

 

 

2.近居という新しい形

 

とはいえ、あまりに遠方だと心配ということで、最近では同じマンションで別の部屋を借りたり、子供夫婦の自宅から近所のところに部屋を借りたりなどする「近居」という選択をする方も増えているのだそうです。

 

 

3.50代からのシェアハウスも人気

 

また、同じ年代の方が集まって同じ棟やお部屋に住まうシェアハウスの需要も高まってきています。

 

学生時代に戻ったようで生活にハリが出た、誰かが常に一緒にいるから心細い気持ちが無く安心して過ごせる点が魅力なのだそうです。

50代女性が仕事を始めるのはアリ?

50代女性が仕事を始めるのはアリ?

 

住まいと同じくらい大切になるのが「生活の基盤」。今までは子育て中心でしたが、50代以降はいろいろなことに挑戦できるようになります。

 

自分が今後生活環境の基盤にしていきたい取り組みは何か、考えておきましょう。

 

 

1.50代女性が働きやすい環境が整いつつある

 

近年が高齢者を積極的に雇用する企業が増えてきていますし、パートやアルバイトでも多くの50代以上の方を採用しています。

 

50代だから社会に出て働くのは難しい…と諦める必要はありません。50代女性が働きやすい環境はどんどん整ってきているので、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

2..趣味に思いっきり生きるのもあり

 

もちろん、おもいっきり趣味に生きてみるのも良でしょう。今まで家事や子育てにずっと生きてきて、自分のために時間を使うことなど無かったのではないでしょうか。

 

今趣味を見つけて努力すれば10年20年後にはスペシャリストになることも可能かもしれません。

 

生涯を通じて楽しめる趣味があれば、生きる活力にもなりますし、幸せな生活環境が整いやすくなるのではないかと思います。

あなたの理想の生活環境を整える準備を

あなたの理想の生活環境を整える準備を

 

理想の生活環境の形はひとそれぞれ。

 

ですが、覚えておいていただきたいのは、今後10年20年後を見据えて計画を立てることです。

 

何から考えなければいいか分からないという方は、住まいと生活の基盤(仕事や趣味)から考えてみられることをおすすめします。

 

あなたにとっての幸せな環境の道しるべが見つかりますように、祈っております。

おすすめ情報