魅力的な50代女性が増えた理由は?

魅力的な50代女性が増えた理由は?

 

最近は、50代の女性でも、魅力的な人が増えていると言われています。ひと昔前までは、年齢差カップルというと男性が年上で女性が年下と決まっているようなものでしたが、40〜50代女性と20代男性のカップルも珍しくなくなってきています。

 

また、若い男性芸能人でも40〜50代女性が好みだと公言する人も少なくありません。40〜50代女性のどういうところに魅力を感じるかというと、見た目がとてもその年齢に感じられないのに、話してみると若い人よりも楽しいというところや、大人の落ち着いた雰囲気などが挙げられます。

 

これは若い男性の中に40〜50代女性を好む人が増えたというよりも、年齢より若く見える女性が増えた結果ともいえるようです。肌がボロボロの20代よりも肌がきれいな50代の方に魅力を感じるという男性も多いため、若くてきれいに見えれば実際の年齢は気にしないということのようです。

 

最近はエステサロンが一般化していたり、アンチエイジングに関する化粧品などの商品が多く発売されていたりすることで、女性がどんどん若くなっているのです。

魅力的な50代女性の秘密はエストロゲン?

50代というと中年というイメージがありますが、50代女性でも魅力的な人はたくさんいます。女性は40代から50代になると更年期に入ります。更年期は、女性ホルモンが低下してくることによる現象で、女性ホルモンの中でも特にエストロゲンと呼ばれるホルモンが減ってくると、女性は肌荒れが目立つようになったり、落ち込みやすくなったりします。

 

そのため、エストロゲンが減少しないようにすると50代女性でも魅力的でいられるようです。エストロゲンが多い女性は、女性らしく可愛い顔立ちをしていて、胸や腰回り、太ももに脂肪が多めという特徴があります。また、常に恋をしているとエストロゲンの分泌が活発になります。

 

50代女性で魅力的な芸能人といえば、黒木瞳さんや大地真央さん、浅野温子さんなどです。どの方も、確かに女性らしく可愛い顔立ちをしています。

 

石田えりさんや美穂純さん、かたせ梨乃さんはふっくらボディですし、恋多き女性というイメージもあります。こうして考えると、エストロゲンも重要な美の秘訣なのではないかと思えます。


トップへ戻る