中年女性に似合うアクセサリーの付け方

老化を隠す中年女性に似合うアクセサリー

中年女性に似合うアクセサリーの付け方

老化を隠す中年女性に似合うアクセサリー

 

服装やメイクを変えるように、アクセサリーも年齢に合せて変えたほうがいいのをご存知ですか?若い頃はかわいいプチジュエリーが似合っていたと思いますが、中年になってくると似合わなくなります。

 

女性は中年になってくると、いやでも首にシワやシミが出てきてしまいます。これにしっかりしたアクセサリーを付けると、より目立ってしまう気がして、チェーンの細いものやトップの小さいものをつけるか、ノーアクセサリーにしようとしがちです。

 

実は、それは逆効果なのです。プチジュエリーをつけることで、人の目線は首元に行ってしまうのですが、アクセサリーが小さいのでシワやシミに目がいってしまいます。ノーアクセサリーならなおのこと、シワやシミに目を向けてしまいます。中年女性におすすめなのは、ボリュームのあるアクセサリーです。

 

太めのチョーカーや、ネックレスの重ねづけをすることで、アクセサリーに目が向くので、シミやシワが目立たなくなります。年齢に合った女性のオシャレは、見る人を楽しませるだけでなく、自分自身の心を華やかにします。

 

中年女性に似合う大人のアクセサリー

アクセサリーのデザインも年齢に応じて使い分けていくのがコツです。特に中年女性がネックレスやブレスレットを活用する時は、視線誘導を意識するといいでしょう。

 

中年ともなると首や手にしわが増えるので、そこにただアクセサリーをすると人の注目を集めてしまい、自分の老けている部分を強調する結果になります。しかしボリュームのあるアクセサリーを使うと、人の視線がアクセサリー自体に集まるため、年齢を感じる部分を上手に隠すことができます。

 

具体的にはチョーカーをつける場合でも、紐の部分が太いものを選ぶと肌の皺を隠せますし、ネックレスでも重ねづけすることで視線誘導の役割を果たしてくれるので便利です。

 

そして中年女性だからこそ、素材にもこだわりましょう。若い頃はデザイン重視で購入しても問題ありませんでしたが、歳を重ねると素材の悪いものを使っていると貧相に見えてしまうためです。

 

シックな雰囲気を作る出せる銀製のアクセサリーだと使い勝手に優れているので、普段使いもできて特別な日にも使用できます。



トップへ戻る