中年女性のファッションは色がポイント

中年女性のファッションは色がポイント

 

中年になると、多くの女性は自分のファッションについて悩みます。若い頃スタイルがよくて、何を着ても似合っていたという女性でも、中年になると体形が変化してきて、痩せていても今まで来ていた服が似合わなくなってきます。

 

また、肌の色もトーンが落ちて来ますから、今まで似合っていた色が似合わなくなってきます。そのため、今までよりも明るい色のファッションを選ぶと、肌がきれいに見えるようになります。

 

人によって似合う色や、肌がきれいに見える色に違いがあるので、「パーソナルカラー診断」をしてみるのもいいでしょう。肌がきれいに見えるだけで、かなり若い印象を人に与えることができます。

 

若い女性が着るようなデザインのファッションはやめましょう。若い頃とスタイルが変わっていなくても、やはり中年になると肌の質が違うので、他人から見ると無理に若作りしているようにしか見えません。それ以外であれば、自分の気に入った好きなデザインの服を着ればいいでしょう。

中年女性は明るいファッションで!

中年女性は、気が付くと地味なファッションばかりしていることが多いようです。若い頃はオシャレだった人も、自分の年齢を考えて「もう年だから派手な格好はやめたほうがいいかもしれない…」と思い、黒やグレー、茶色といった色や、デザインが地味めのファッションを選んでしまう傾向にあります。

 

そんなことを繰り返すうちに、もともとオシャレだった人でも、すっかりオシャレ心を忘れた中年女性になってしまいます。オシャレをすると心が明るくなって、何事にもやる気が出てきます。

 

中年女性のなかには更年期障害の症状が出ている人も多くいます。更年期障害の症状が出ると、気持ちが暗くなることもあるので、オシャレをすることは大切です。

 

ショッキングピンクの服や、ミニスカートなど、年齢にそぐわない服を着ることがオシャレではありません。いつも着ているセーターの色を、少し明るめにするとか、いつもパンツしか履いていないところを、フレアスカートに変えてみるとか、ほんの少しだけ今のファッションに変化をつけてみるだけでいいのです。



トップへ戻る