中年女性に多い良性のめまい

中年女性に多い原因不明のめまい

 

誰でも急なめまいに襲われることがあるのですが、中年女性には特に多く起こる症状です。中年女性の場合は、寝返りを打ったときや、朝起きた時に起こる「良性発作性頭位めまい症」が最も多いようです。

 

これは、内耳の中にある耳石と呼ばれるカルシウムの粒子が、位置を変えて後半規管という部分に入ってしまうことで起こります。内耳にはバランス感覚を維持する三半規管があるので、ここで耳石が動き回ると大きなめまいを感じることになるのです。

 

耳石は歳を取るにつれて、定位置からはがれやすくなるため、中年でのめまいが多くなるというわけです。「良性発作性頭位めまい症」はその名の通り悪いものではないので、耳石をもとの位置にもどすだけで治すことができます。

 

耳鼻科に行って、頭を回すように動かしてもらえば、ほとんどの人が治ります。中年女性に多い症状とはいえ、まれに脳の病気ということもあるので、まずは病院に行って正しい診断を受けることが大切です。

メニエール病も中年女性に多いめまい

耳鳴りやめまいが起こる「メニエール病」は、中年女性に多く見られる病気です。とても激しいめまいで、目を閉じていても眼球が動くのがわかるほどの早いスピードを感じます。

 

耳鳴りは片方の耳にしか起こらないことが多く、「ザーザー」「ゴーゴー」という音がします。メニエール病は、強いストレスを感じた時に一番起こりやすいといわれています。

 

中年女性は兼業主婦や子供の世話、介護などでとても忙しく、同じ年代の男性とは比べものにならないほどのストレスにさらされているため、一番多く発症するようです。

 

一度回転性めまいが起こると、何十分も何時間も続くことがあって、日常生活に支障が出ます。症状が出始めたばかりの場合は、数日から数週間で自然に治りますが、何度も繰り返すことも多く、そうしているうちになかなか治らなくなってしまいます。

 

症状がひどくなるとめまいや耳鳴りが起こる感覚が短くなったり、難聴になってしまうこともあります。中年女性の場合、めまいが起こる原因はたくさんあって、重篤な病気のサインということもあるので、症状が出たらすぐに病院に行くことが大切です。



トップへ戻る