中年女性に効果的なダイエットは?

50代女性のダイエット"中年女性に最も適したダイエットは?"

 

ほとんどの女性は、35歳〜40歳くらいから太り始めます。いわゆる中年太りというものです。太ったことの理由としては、特に食事の量が増えたわけではないのに、自然と太ってしまったという意見が圧倒的に多くなっています。女性の中年期は、育児が一段落して生活に余裕が出てくる時期です。

 

この時期になると、仕事をしている女性でも消費するエネルギーが減ってきて太りやすくなる傾向にありますが、それに輪をかけて基礎代謝量が減ってきてしまう年齢でもあります。

 

基礎代謝とは体温を維持したり、寝ている時に呼吸したりしているときのエネルギーで、加齢と共に自然に減るようになっています。また、女性の場合は中年期=更年期になるため、女性ホルモンのバランスが不安定になって、おなかのまわりに脂肪が付きやすくなってきます。

 

体質自体が変わってきているのですから、若い頃と同じダイエットをしても痩せるのは難しくなります。食事を抜いたり、ハードな運動をしたりするダイエット法よりも、毎日飲むお茶を薬草茶に変えて体質を改善したり、中性脂肪を減らす働きのある大豆や大豆製品を積極的に食べたりするほうがダイエット効果があります。

中年女性の正しいダイエット法は?

女性は中年になると、ホルモンバランスの変化や新陳代謝の低下が影響して、太りやすい身体になっていきます。今までと同じ量の食事を摂っていても、どんどん体重が増えて行くようになりますし、内臓脂肪が付きやすくなるので、お腹だけぽっこり出た体形になってしまいがちです。

 

そのため中年女性のダイエットは代謝を上げて脂肪を燃焼させて、女性ホルモンを増やせば必ず成功するということになります。今までダイエットしたけど全然成功していないという中年女性の場合は、ダイエット方法が間違っている可能性が高いです。

 

若い頃は食事を抜いて痩せたことがあったからといって、中年になってからもそれをやってしまうと、栄養が偏ってさらに代謝が低下してますます太りやすくなってしまいます。

 

食べる量は少なくしても、3食決まった時間にしっかり食べるようにしましょう。また、ホルモンバランスを整えるためには、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンをたくさん含む大豆食品をたくさん食べるようにしましょう。大豆食品の中でも、納豆や味噌などの発酵食品は代謝を上げる働きをするので、特におすすめです。



トップへ戻る