中年女性の転職法は?

厳しい中年女性の転職環境

 

女性は結婚や出産、育児などによって生活スタイルが大きく変わるので、それに合わせて働く環境も変化させざるを得なくなります。結婚相手に合わせて引っ越さなくてはいけない場合は、それまで勤めていた会社をやめなくてはいけなくなることもあります。

 

働く時間に柔軟性がなかったり、子供を預ける場所がなかったりした場合も同じです。しかし今の世の中、子供にお金がかかりますし、一度外で働いた経験がある人は、ずっと家の中にいるのが苦痛になってくることがあります。

 

中年女性の場合、転職先は自分のライフスタイルに合わせた無理のない職場でなくては長続きさせることができません。最近は、ハローワークに女性専用の窓口を設けているところもあるので、ぜひ活用しましょう。

 

インターネットでも中年専門の転職サイトなどがたくさんあります。年齢や福利厚生、職種といった細かいところを指定して検索できるので、年齢制限が気になる中年女性の転職でも探しやすくて便利です。

中年女性の転職に有利な資格は?

女性の場合、転職は難しと言われています。男性に比べ、出産や育児のために一度退職をしてしまうと、その後復帰したいと思っても就職先を見つけるのは大変です。

 

ブランクが長い中年女性は更に転職が難しくなります。資格や技術を持っていれば話は別ですが、何もなくて一般事務をやりたいといっても転職先を見つけることはできないでしょう。

 

転職をする場合、有利になるのはやはり資格や技術を持っているということです。若い頃に取得して実務経験があるというのが一番有利ですが、中年になってからでも勉強して資格や技術を取得するのも無駄な事ではありません。

 

なかなか仕事先が見つからないという場合は、仕事を探しながら自分のスキルアップするのもひとつの手です。失業保険を受給している間でも、公共職業訓練校なら受講手当をもらいながらスキルを身につけることも可能です。

 

中年女性の場合は、介護や育児、ヘルパー、調理師など女性に有利な職種の資格を取ることをおすすめします。


トップへ戻る