熟年離婚が増えています

50代の離婚"離婚も前向きに考える50代の女性達"

 

熟年離婚という言葉をご存知でしょうか。女性が結婚をし、出産をし、子育てをし、子供が独立するのがだいたい50代です。50代女性の中にはここで1度人生を、夫婦関係を見直し、離婚を考える方もいらっしゃるようです。

 

熟年離婚、という言葉が世間で言われるようになったということは、それだけ離婚をする方が多いということでしょう。では、50代女性がわざわざ離婚を選んだのは何故でしょうか。

 

まず第一に夫婦仲の問題があるようです。結婚後に、性格の不一致や気持ちのすれ違いがあることは少なくありません。そこから努力をしあうことで良い方向へ向かっていける夫婦もいます。ですが、それがうまくいかない夫婦も多いのです。

 

男性側がとりあってくれなかったり、真剣に向き合ってくれなかったりする場合、いつまでたっても関係は修復できません。困ったことに、こういった男性は意外と多いです。

 

そして起きるのがそういった状況で積もり積もった不満が爆発しての離婚です。子供の独立で、我慢をする必要がなくなったと感じるようです。きちんと話し合いができていれば、と、どうしても悔やんでしまいますね。

離婚後からヘルパーに転職

50代女性が離婚をした後、どのように生活をし、離婚についてどのように感じているのでしょうか。50代女性の離婚、気になるのはその後の生活です。

 

具体的にいえば、お金、ですね。離婚をし、1人身として生活をすることになるのですから、生活資金が必要になります。

 

50代で離婚した女性の中には、離婚後にヘルパーの資格をとり、働き始める人が割といらっしゃるようです。ヘルパーの仕事には、幸いなことに定年というものがありません。

 

ですから、体が元気でしたら長いこと働いていけるんですね。中には離婚前から介護に携わっていた方もいらっしゃるでしょうから、仕事に慣れるのも早いかもしれません。

 

50代女性は親の介護も見始めることが多いので、そういった意味でもヘルパーの仕事を身に付けることは有意義であるといえます。

 

今まで家事のみで生活していた方の中には、離婚が門出になったと感じている方も多いです。離婚をしたことを後悔しないように、ポジティブに生活していけたら素敵ですよね。

再婚を視野に入れながらのリスタート

50代は年齢的にも、また身体的にも転換期です。この時期を区切りとし、今後の残りの人生について深く考える人は多いです。

 

50代女性の中には、子供が独立したことをきっかけに離婚を考える方もいます。もともと、50代に入ってからの離婚を前から考えていた方がほとんどのようですね。

 

きっかけがなく、子供もまだ自立していない間は、我慢していた、そういったケースです。

 

離婚をしても、人生はまだまだ長いです。女性でしたら尚更のことです。30年以上生きることを考えると、50代での離婚が、今後どうするかを決定する最後のチャンスであるのかもしれません。

 

離婚をした方の中には、その後良いお相手を見つけて再婚をし、残りの人生を穏やかに過ごす方もいます。再婚にたいして意欲的でないと少し難しいですが、探せば出会いの場やきっかけはたくさんあります。

 

趣味の集まりなどに参加をすると見つけやすいのではないでしょうか。結婚相談所や、お見合いなどもあります。

 

せっかく新たなスタートを切るのです。女性としての自分磨きをしながら、いきいきと過ごしていきましょう。

離婚に関しての参考サイト

トップへ戻る