50歳から60歳までの年齢別の体脂肪率は

50歳から60歳までの年齢別の体脂肪率は

50歳から60歳までの年齢別の体脂肪率は

50歳から60歳までの年齢別の体脂肪率は

 

体脂肪率についての知識があると、健康に役立ちます。そのため、最近では、体脂肪率について知ることができる、様々なサイトが人気を集めています。

 

体脂肪率というのは、脂肪が体重の中でどれくらいになるかを割合で示したものです。人間が体を健康な状態で維持するためには、体脂肪はとても重要なのです。

 

体温の調節やエネルギーを蓄えるために、脂肪は必要不可欠なものです。また、ホルモンの分泌においても、体脂肪は重要な役割を担っています。

 

体脂肪を区分する方法には、痩せ、標準マイナス、標準プラス、軽肥満、肥満という5つに分ける方法があります。理想となる体脂肪率は、男性と女性、年齢によってかなり違います。

 

現在、体脂肪率の平均を年齢別にしたものが報告されており、インターネット上で見ることができます。男性の場合、50歳から60歳までは痩せで11%以下、標準マイナスで12%から17%、標準プラスで18%から22%、軽肥満で23%から27%、肥満で28%以上となっています。

 

女性の場合、50歳から60歳までは痩せで21%以下、標準マイナスで22%から28%、標準プラスで29%から35%、軽肥満で36%から40%、 肥満で41%となっています。

 

標準にはマイナスとプラスがありますが、標準マイナスは、痩せに寄っていて、標準プラスは、軽肥満に寄っています。プラスでもマイナスでも、標準の数値であれば、体脂肪による体への負担は少ないので問題はありません。


トップへ戻る