再就職にも役立つ50代女性の資格取得

50代女性は資格取得にも意欲が高い

50代女性は資格取得にも意欲が高い

50代女性は資格取得にも意欲が高い

 

もう若くないから…そんな後ろ向きな考えは今の元気な50代の女性にはない。もちろん住む家があって、当面の生活に困らないだけの余裕だけは必要です。一番下の子供が最終学歴に進む、子供が結婚して独立するなど、大きなライフイベントを経験して、家庭の中での役割からやっと解放されるときです。

 

いったん仕事から退いた人でも、資格取得を目指して勉強を始める気力も体力もまだまだ十分ある、最後のチャンスの年代ともいえますね。労働市場が50代女性に寄せる期待はけして小さくはない。子育てという大きな事業をやり終えて、やっとこれからが自分の時間を持つことができる時期です。

 

かつてのように60歳定年後はすぐに年金生活で悠々自適な暮らしが約束された年代よりも、ある意味危機感も意欲も高いことは間違いない。自分に可能性の開けそうな資格取得に挑戦すしましょう。一からいろいろなことにチャレンジ!この年代が60代になるころには、60代が高齢者などという意識はなくなっているでしょう。

50代女性の転職に有利な資格

50代からの転職は何もスキルを持っていない状況ではやはり年齢のこともあって不利と言えます。50代からの転職を有利にするためにも、女性が持って置くと便利な資格を紹介したいと思います。

 

まずニーズが高く、特に50代以上の女性にとって転職しやすいのが介護職です。介護職の資格は簡単なものなら3ヶ月ほどで取得することができるため、50代以上の女性ならば持っていて損はない資格となっています。

 

また近年はネットが発達しているため企業や行政はホームページを作成できるスキルを持っている方を多く求めています。ホームページの作成や維持には高額な報酬になることが多く、実力さえあれば20代でも50代でも転職できる職業なため人気となっています。

 

ホームページ作成を始めネットビジネスは時間と場所を選ばず行うことができるため、在宅系の仕事に興味のある女性にもオススメとなっています。

 

向こう10年ほどまでは介護やネット関連の資格はニーズが高まると予測されており、とっておいて損はないと言われています。また東京オリンピックの決定によって観光業も力を入れ始めているため女性の方は観光業の資格もチェックしておくと転職には有利に働きます

関連情報

トップへ戻る