50代の女性が独立する為には

50代の女性が本当に独立する為には

 

50代は子育て等が一段落して来る事の多い時期で、特に女性の場合には自分の時間が取り易くなって来ます。同時に老年期に差し掛かるにはまだ少し年数がある事からバイタリティに溢れる人も多く、起業や独立を目指す・適える事も多い時期と言えます。

 

50代女性の場合、これまでの人生経験から幅広い分野に関する知識を持っている事が多いです。企業や団体に在職中・過去に勤務経験がある場合には、特定分野において強みとなる深い知識を持っている事も考えられます。

 

独立する分野や提供するサービス・商品においてこれらの知識を統合的に活かせるようなものを選ぶと、事業を軌道に乗せる事に集中出来るようになって良いと言えます。

 

また事業の継続性を保つ為にも、金銭に関わる物事は重要となって来ます。個人のレベルでは50代は先を見据えたライフプランを組み易くなる時期ではあるので、独立後の収入も見据えた上である程度の予定を組んでしまうと、事業に集中出来るようになります。

 

一方で法人化をする場合に経理等の知識が不足している場合については、準備と並行して知識を身に付けて置く事が大切となります。"

50代の女性医師の転職、そして独立。

今医療は状況的に落ち着いてきてるのでしょうか。私はそうは思いません。まだまだ医療は不足している。更に町に病院がないという所もあるのですから、充実してるとは言えません。

 

その中で今の病院をやめて新しく診療所を考えてる医師がいるのではないでしょうか。開業医される方は40代から50代の男性医師ばかりではないと思います。

 

女性医師の方も独立して診療所を建てたいと思ってる方もいると思います。女性医師でも大体40代から50代には一度は独立して、町に病院がない土地で患者さんと向き合う、のんびりとした診療所が開きたいのではないでしょうか。

 

精神的に病んでる方や町まで通うのに大変な思いをしてる高齢者のためにも、自然豊かな静かな診療所を開き、ストレスを感じさせない治療法などあると思います。

 

人の身体は、精神的なものから病むこともありますから、都心から離れたところで心から治療は本当に理想だと思います。
医師は都心ばかりに集まりすぎてるように思えます。病院のない町に開業医していただきたいと思います。


トップへ戻る