和服の似合う50代が増えている

和服を愛用する50代大人の女性

 

芸能人や有名人をはじめとして、和服を愛用する女性が増えています。若い女性の間にも和服は静かなブームですが、晴れの日や披露宴、
パーティなどの特別な席での着用が目立ちます。

 

その点、50代以上の女性は、日常着として普段から和服に親しむ人が増えています。子育てを終えて生活や時間に余裕ができる人が多いことと、若いときとは体型が変化して、洋服よりも体型をきれいに見せる効果がある和服を選ぶ人が増えているのです。

 

また、ある程度の年齢になると、派手な色やデザインの洋服には抵抗がある人が多いのですが、和服の場合は、地味な色の着物に華やかな帯を組み合わせる等の遊び心が楽しめるのも魅力です。

 

特に50代の女性に人気があるのが紬です。地味な色合いが多いのですが、絹の中でも織り方がしっかりして丈夫なので、普段着にできて、着れば着るほど良い味わいが出ます。中でも大島紬や結城紬には根強い人気があり、多くの人に愛されています。

50代からの着物

50代からは公式な場に出ることも多く、場合によっては着物を着ることもあります。昔と違い現在は着物を着ることを強制とされていませんが、場で変に浮いたりしないためにも着物を着ることが無難ですよね。ここでは今まで着物なんて着たことないと言う方のために50代からの着物はじめ方を紹介したいと思います。

 

50代からの着物はじめと言ってもまず着物を手に入れなくてはいけませんよね。レンタルで済ませるのも一つの手ですが、自分で着付けできるようになるにはやはり自分の着物を手に入れることが重要です。しかし着物は安い物ではなく、値段を見て躊躇っていませんか?

 

そんな方にはB反市をオススメします。B反市とは出来の悪い反物、着物を処分するために開かれる市場で百貨店などで主に開かれています。
プロでもなければほぼ見分けられない程の品質の差であるにも関わらず半額以下の値段でお買い求めいただけるため50代からの着物はじめにはぴったりと言えます。

 

もし50代からの着物はじめを考えている方はB反市が近くで行われていないか調べてみては如何でしょう?


トップへ戻る