50代女性のコーディネートは雑誌で勉強

50代女性だからこそ似合うコーディネート

 

「人生50年」といわれた時代は過ぎ去り、現在は元気な50代女性が多いです。元気ということは、買い物に行ったり、親しい友人たちとお茶をしたりと、外出する機会も多いはずです。

 

外出する時は、もちろんですがおかしなコーディネートでは外出できませんよね。やはり、50代女性にピッタリのコーディネートで外出したいものです。とはいえ、「同世代のファッションのトレンドが分かりにくい」という方もいらっしゃるかと思います。

 

最近は、50代女性向けのファッション雑誌の種類が、以前よりもかなり豊富になりました。代表的なものを挙げると、次のようになります。

 

◆eclat(エクラ)
◆GOLD(ゴールド)
◆ミセス
◆大人のおしゃれ手帖
◆HERS(ハーズ)
◆Richesse(リシェス)
◆大人になったら、着たい服
◆プラチナComfie(コンフィー)
◆クロワッサン
◆My Age(マイエイジ)

 

上記の雑誌の中に、「見かけたことがある」という雑誌があった方もいらっしゃるはずです。こういった雑誌を参考にしながらコーディネートを考えると、50代女性としての自信を持って外出できると思いますし、周りからも高評価を受けやすくなると思います。

50代女性は和服コーディネートもアリ

現代の50代女性は、若々しくて元気な方が多いですし、実際に「私はまだまだ現役」と、自分自身に対して感じている方も多いと思います。そのため、「50代女性の人生はこれから」と言っても良いかもしれません。

 

50代女性というと、ファッションにもまだまだこだわりたい年代なのですが、やはり若い頃と比べると、コーディネートにも制限がかかってくるものです。ですが、50代女性だからこそ似合うコーディネートがあります。それは「和服」のコーディネートです。

 

和服というのは、若い年代だとあまり着る機会がありませんし、むしろ「和服はちょっと…」といって避けてしまうものなのですが、50代ともなれば、和服が似合う年代に突入します。つまり、年齢を重ねたことでファッションの幅が広がったと考えて良いのです。

 

和服といえば「着物」が真っ先に思い浮かぶと思うのですが、着物となると、何か特別な場所でなければなかなか着ていけないものです。ですから、和服を普段着にするなら、「紬(つむぎ)」が50代女性にはピッタリです。



トップへ戻る