アクセサリーにも50代女性にこそ似合うものが

おしゃれを楽しむ50代女性のアクセサリー

 

中高年以降の女性のアクセサリーといったら、大振りで派手でデコラティブなものを連想してしまいますが、50代女性向けの雑誌などを見ると、シンプルでセンスが良く、でもどこか若い女性の身に着けるものとは違った魅力のあるアクセサリーをたくさん見つけることができます。

 

一昔前は、ある程度の年代になったら、若い女性が身に着けるような物ではなく、高価な本物を身に着けるもの…そんな風に言われていた時代がありました。

 

確かに肌の色や艶が若い女性とは違ってそれなりに大人になって枯れた魅力も加わってくるのが50代女性なので、若さの輝きがないと素敵に見えないアクセサリーというのは当然似合いません。

 

でも、今の50代女性向けのファッション誌などを見ると、流行を上手に取り入れつつ、手の届く範囲のおしゃれな大人向けのアクセサリーが、たくさん紹介されています。自分の感覚を、もう歳だからなんてしぼませてしまわずに、どんどんおしゃれを楽しむことが許される年代、それが50代女性なのだと思っています。

50代の女性に必要なアクセサリー

50代ともなると女性も一種の貫禄のような物が出てきます。そのため若い頃のようなファッションが通用せず、年齢に合わせたドレスアップが必要になります。

 

特にアクセサリーは若い頃のような煌びやかなものよりも上品さを醸し出すようなものが求められますよね。ここではそんな50代の女性に必要なアクセサリーをいくつか紹介したいと思います。

 

50代では公式な場に重要なポストとして出る場合もあるためなるべく派手なものは避けましょう。50代の女性に必要なアクセサリーとしては服や髪を一部引き立てるようなものがオススメです。

 

上品な宝石や銀製品がオススメですが、銀製品は年寄りのようなイメージがすると敬遠する方も多いようです。しかし銀製品はシックなフォーマルスーツやドレスには合うため選択肢の一つとして得ておくといいでしょう。また50代の女性に必要なアクセサリーとして実用品に気を遣うのもいいでしょう。

 

ただ着飾るだけではなく万年筆やハンカチなどさり気なくセンスのいいものを取り揃えることで周囲の人に感心されます。老いたらお洒落と無関係になると思わず、年齢に合わせたお洒落を楽しみましょう。



トップへ戻る