お肌の手入れをする50代女性はモテる

モテモテ50代女性のお肌の手入れは

 

50代といえば、年齢特有の様々な変化がお肌に現れてくる時期です。そのため、女性としての自信を失ってしまうことにもなりかねない、目を背けたくなる現実と向き合わなければいけない時期ではないでしょうか。

 

ですが、このような状態になってしまうのは、お肌に対して、大して手入れをしていなかった場合です。毎日きちんと手入れを行っていれば、年齢特有の変化のスピードも遅くすることは可能です。

 

そして、年齢特有の変化のスピードを遅くすることができると、50代といえども「モテる可能性が上がる」というメリットがあります。それはなぜかというと、男性は女性の実年齢よりも肌年齢のほうを重視する傾向があるからです。つまり、いくら年齢が行っていたからといっても、お肌がキレイだと魅力的に感じるということです。

 

特に、旦那さんと離婚や死別をした方や、元々結婚していないという独身の50代女性の方は、お肌のお手入れに力を入れて肌年齢を下げ、キレイなお肌を手に入れることができれば、第二の人生を共にするパートナーを見つけることも可能だと思います。

50代女性お肌の手入れのコツ

50代女性のお肌には、様々な問題が発生します。まず、たるみやしわができやすくなりますし、しみやくすみが居座ったままの状態にもなりやすく、肌トラブルは本格化してきます。また、50代女性は更年期障害の影響で、お肌の状態も不安定になり、お手入れも今までと同じというわけにもいかなくなります。

 

これからは、ターンオーバーやバリア機能の衰えを予防すると共に、様々な肌トラブルの原因となっている「お肌の乾燥」を防ぐことが重要になってきます。ですから、50代女性は毎日お手入れを行うのはもちろんのこと、お手入れのやり方も見直さなければなりません。

 

正しいお手入れの基本は、「水分→油分」です。化粧水で水分、美容液を使っている方は美容液で栄養分を補ってから、乳液や保湿クリームなど、油分を多く含んだスキンケアコスメを使用します。

 

乳液や保湿クリームに対して、「べたつくから嫌だ」といって使用を避ける方も多いのですが、それではいけません。乳液や保湿クリームに含まれている油分は、水分や栄養分が蒸発しないようにフタをしてくれるので、お手入れには欠かせない存在です。ですから、「水分→油分」という順番は必ず守って下さいね。



トップへ戻る